Feature Nextのリハビリ

Nextリハビリの特徴
やりたいできるに変えるリハビリ。

Next熊本には4つの特徴があります。これらの特徴的なアプローチを行う事により、ご利用者様の最大限の機能を目覚めさせ、目標達成にコミット。今まで「やりたい」と思っていたことを「できる」に変えるリハビリプランをご提供いたします。

Feature1
完全マンツーマンで、
質の高いリハビリプログラム。

利用者様の最も重要な目標に向かって「課題指向型のアプローチ」を実施していきます。医療機関で10年以上臨床経験のある理学療法士・作業療法士が90分間マンツーマンの個別リハビリを行うことで、質の高いサービスをご提供いたします。
100㎡の広いスペースをお一人でご利用いただけるため、他者を気にしたり、ぶつかって危険なこともなく、安心・集中して、しっかりとリハビリに取り組むことができます。

Feature2
日本初!酸素ボックス内の
リハビリで、高い運動効果。

高い気圧をかけた酸素(O2)ボックス内で高濃度酸素を吸入し、人間の細胞に必要不可欠な「酸素」を身体の隅々まで届けます。
このボックス内で運動を行うことで、一般的な、屋外での運動に比べ、約3倍の運動効果が出るという研究結果も出ています。(※研究の一例です)

Feature3
高性能な運動機器を併用した、効率の良いトレーニング。

レッドコードやハーネスなどの高性能な運動機器を併用しながら専門家が動作指導を行い、より良い方法を反復していきます。
天井から体を吊るし、体重を取り除いた状態での歩行練習も可能なため、歩行状態が不安定な方でも転倒の心配が無く、安全に効率良くトレーニングを行うことができます。

Feature4
徹底したサポート体制で、
施設以外の時間も安心。

目標達成に向けて、ご自宅でのリハビリサポートも行います。
ご自宅でできるエクササイズ方法をお伝えし、写真付きの分かりやすい資料もお渡しします。また、随時メールや動画でのサポートも行っております。わからないこと・不安なことなどあればお気軽にご相談ください。Next熊本がしっかりサポートいたします。

医師からの推薦

Next熊本について、医療業界を中心にさまざまな方面でご活躍されている有識者の方々からいただいた声をご紹介いたします。

  • そのだ脳神経外科 消化器内科
  • 園田 寛院長

資格/医学博士/医学博士日本医師会認定産業医/日本脳神経学会認定専門医
所属学会/日本脳神経外科学会/日本脳神経外科コングレス/脳卒中学会/脳卒中の外科学会/神経外傷学会

退院後のリハビリの必要性は
より一層高まっている。

脳血管疾患(脳出血や脳梗塞など)は昭和50年代半ばまで日本人の死亡原因の第1位でしたが、その後死亡率が下がり現在第4位になっています。その理由は高血圧に対する認識の高まりと降圧剤の進歩で脳出血が減った事と、脳梗塞急性期の治療が大きく進歩し脳梗塞重症例が減少した事が挙げられます。
一方軽症化した脳血管疾患の患者さんは増加しており、要介護状態になる原因の第1位を占めています。また食生活等の変化で脳血管疾患を有する方は現在150万人と言われており、2025年には300万人になると予測が出ており、リハビリの必要な方は増加しています。
この様な情勢でありながら、国は医療費抑制政策で回復期病院でのリハビリの期間に限度を設け、その後は介護保険でのリハビリに移るよう勧めています。当然リハビリが必要な状態でも退院しなければならない方が増加します。その為、退院後のリハビリの必要性はより一層高まっていますが、現在の介護保険を利用した施設だけでは、この問題の解決は難しい状況です。
今回、脳血管疾患の後遺症に特化したNext熊本は、この退院後に悩まれている方の解決に繋がる受け皿になると考えられます。

生活の質を高めるためには
集中的なリハビリを行い、
どのような方法を選択するかが大切。

脳卒中の急性期、回復期をのりこえた方にとっては、元の生活へ戻ることが次の願いでしょう。しかし、退院後の医療や介護で提供できるリハビリは、全ての方にとって満足であるとは残念ながら言えません。
私はこのマンツーマンで行う脳卒中リハビリは、大変画期的だと考えます。リハビリによって後遺症を少なくし、生活の質を高めることは、回復を願うご本人やご家族にとって大変重要です。そのためには、集中的にリハビリを行い、どのような方法を選択するかが大切です。
より良いリハビリを行うには、医師だけでなく、理学療法士、作業療法士など専門の知識を持ち、技術を兼ね備えたスペシャリストがいる環境が理想的です。
そのスペシャリストの集まりが「脳梗塞リハスタジオNext熊本」なのです。私は彼らの今後の社会的役割に大きな期待を寄せています。

  • なごみクリニック
  • 亀川 寛大院長

なごみクリニック院長。「糖尿病再生医療研究所(熊本市東区)」所長。医師として糖質制限を分かりやすく面白く伝えることをモットーに、全国でのセミナーやイベントを行っている。facebookを中心に血糖値が上がらないお店を紹介し、情報発信。